カテゴリ:読書筆記( 4 )

鹿男大结局小囧了下……

昨天把鹿男看完了,对结局小囧了下。

结局大剧透,仍旧,阿西勿点!
[PR]

by nnks1213 | 2008-03-11 11:23 | 読書筆記

鹿男入手

前几天IKKI把鹿男的小说(连同婚礼节的票子)一起寄了过来。于是本来想从头开始读,但是前面剑道的部分实在是很无聊的龙套内容,完全欺骗读者感情嘛!于是就从关键的揭露老鼠使者是谁的部分开始往后看……
还有点没看完,先把看完的交流下……

这里是剧透,阿西勿点。
[PR]

by nnks1213 | 2008-03-07 21:28 | 読書筆記

鹿男あをによし

今天关于“あをによし”的意思问了IKKI,IKKI也不清楚,于是就去GOO了一下。

あおに‐よし【青丹よし】アヲ‥〔枕〕(ヨもシもともに間投助詞)「奈良」「国内(くぬち)」にかかる。奈良に顔料の青丹を産出したことが秘府本万葉集抄にみえるが、事実か伝説の記録か不明。一説に、「なら」に続けたのは顔料にするために青丹を馴熟(なら)すによるという。
奈良の枕詞。

奈良特产的涂料是蓝色和橘色,而蓝色(青)和橘色(丹)就成了对奈良的形容。

万葉集
青丹よし 奈良の都は 咲く花の
匂うがごとく 今盛りなり
(328番歌)

枕詞:
昔の歌文に見られる修辞法の一。特に和歌などで、特定の語句に冠して、修飾しあるいは句調を整える語句をいう。修飾する語と修飾される語との間には一定のきまりがあり、個人の創造が許されない点で、序詞と区別される。五音のものが最も多いが、三音・四音、また七音のものもある。平安時代より現代に至るまで発語・歌枕・諷詞・冠辞・頭辞・かぶり・よそひ・かざし・玉かづら等種々の名称がある。枕詞の名称は室町時代頃から見られる。「あしひきの」「あらたまの」「たらちねの」など。

至于枕詞的含义麼就是,为了语句顺畅而颠倒顺序导致意味不明的一种修辞手法。

以上から、「あをによし」の「すばらしく美しい」から万城目学氏が「素晴らしい」を思いついて、語順を逆にして、「鹿男あをによし」(つまりは、「誰も知っているあの素晴らしい鹿男」)という言葉を造語されたと思いました。
Livedoor Knowledge 上的总结。)

特此存档,以备日后读书需要。
[PR]

by nnks1213 | 2008-02-25 16:28 | 読書筆記

鬼吹灯

前段时间在地铁里看到别人在看这本书。
当时,瞄了几眼。微微产生了点兴趣。
后来,在新浪读书里面搜到了这本书,于是点出来开始看。随后就跑去贝塔斯曼扛了一套回家。

我原本是卫斯理小说的忠实读者,对于卫斯理式的小说情有独衷。
卫斯理式小说的特典之一:第一人称。(原和亚洲之鹰系列暂不议)
带着玄幻神秘色彩的故事,并非捏造出一些神鬼传说来吓唬人的恐怖故事,而是从一些存在的未解之谜中找寻蛛丝马迹,用似真似幻的手法来描述。
卫斯理会把一些不可解释的现象用卫斯理独特的理论一一表述清楚,而且令人佩服的就是,他讲的头头是道的理论让人觉得还真是那么一回事呐。(虽然有些不能解释的就推给外星人,但是谁又能说外星人肯定不存在呐?)

说回鬼吹灯。故事主角胡八一,祖上以盗墓为业,并留下了一本风水奇书。胡八一插过队,参过军,年轻时也犹牛犊不怕虎,闯过深山野林,斗过人熊,进过古墓。
而故事围绕着胡八一和一些好友的神秘冒险而展开。

随着卫斯理的年岁增长,年轻时候的活力莽撞已经转变成沉稳,外加固执。
而胡八一的活跃,让读者仿佛又回到了年轻时候的那种冲劲。
可能是作者是天津人的关系,一些京津地区的耍嘴皮子也运用的惟妙惟肖,让原本充满惊悚气氛的故事添加了幽默成分,为故事的进行加了可口的浇头,相当有可看性。
[PR]

by nnks1213 | 2007-08-02 10:40 | 読書筆記